ヘルペスかどうかをウイルスの攻撃性で判断する

ヘルペスウイルスヘルペスと聞くと怖い病気のように思えますが、実際はほとんどの人がそのウィルスを持っているのです。子供の頃に水疱瘡になる事がありますがこれもウィルスが原因ということになります。ヘルペスウィルスは死滅する事がないために体内に残り続ける事になります。水疱瘡が治ってもウィルスは住み続けることになるためにまた再発する事があるのです。
これは帯状ヘルペスというもので背中や腰回りなどにピリピリとした痛みが発生してその後赤くなり、水泡ができるのです。体の右側か左側にできるという特徴があり2週間から3週間で治癒します。年齢によって治療に時間がかかることになりますが、攻撃性のウィルスによって皮膚が痛む事が最も困る症状で衣類が触れるだけで痛む人もいます。
他には単純ヘルペスというものがあり、帯状ヘルペスと基本的には同じウィルスなのですが別の疾患という事で違いを判断するのは口の周りなどにできるものなのです。これも攻撃性のウィルスによりピリピリとした痛みと痒みを伴うものなのです。

いずれも体力が低下している時や抵抗力が弱くなっている時に発症しやすくなります。十分に睡眠がとれていないという状態が続いたり、ストレスがたまっている状態、栄養が偏っている状態が続いている時は注意しなければなりません。
腰回りや背中がピリピリと痛むような事があったり、唇の周りに赤い発疹が出来ていればヘルペスと判断する事ができるので早めに皮膚科にて治療します。

また単純ヘルペスにはもう一種類ありそれは性器ヘルペスなのです。これは性器やお尻の周りにできるもので性感染症の一つで性的な接触によって感染して発症してしまうものです。
いずれの場合も体力や抵抗力が弱くなっている時や外傷によって再発するために注意が必要です。