ヘルペスの診療を受けるタイミングは

性器周辺や唇の周りに赤い湿疹がでるヘルペス。じつはこれはヘルペスウイルスが引き起こす病気です。水疱瘡や帯状疱疹もこのウイルスの仕業であり、多くの人がこれらの病気の症状に悩まされています。ヘルペスの治療は投薬が主体となりますが、薬でウイルスを死滅させることは現在のところできません。
治療にはウイルスの増殖を抑えることが主な目的となっているため、症状が治まったとしてもウイルスそのものは体内のどこかに潜んでいるのです。疲れやストレスなどで身体の免疫力が落ちてくると、これまで潜んでいたヘルペスウイルスが活性化し、種々の症状を引き起こします。

ヘルペスの診療を受ける女性そこでヘルペスの症状が出た場合は診療を受けるタイミングが問題となります。ヘルペス治療に用いられる薬はウイルスの増殖を抑えるためのものですので、時間の経過によってウイルスが劇的に増殖してしまってから薬を飲んでも、想定された効果を期待することができなくなるのです。ですから症状が出たらできるだけ早いタイミングで医師の診療を受けることが大切になります。

たとえばヘルペスウイルスの治療によく用いられるバルトレックスは、症状が出てから5日以内に服用することが基本になります。この期間内に薬の服用を始めれば、早期に回復することが期待できるでしょう。もっとも仕事などで忙しい人の中には、なかなか病院を訪れる時間を確保するのが難しいという人もいるかもしれません。そのような人はインターネット上の薬の通販サイトなどを利用して常備薬としておくのもひとつの方法です。ただし薬には他の薬との併用が危険な場合や副作用が出る場合もありますので、まずは病院を受診して医師の診断を仰いでおくことが重要です。