ヘルペスウイルスは何故あんなにしつこいのか?

ヘルペスウイルスに悩まされている人も多いでしょうが、どうしてヘルペスとはあんなにしつこいのでしょうか。普通の風邪のようなものは別にして、はしかでもおたふく風邪でも、多くのウイルス性疾患は一度かかるともう一生かからない免疫ができます。この免疫というのはウイルスに対する非常に強力な防御機構だということができます。

あるいは、インフルエンザでもそうですが、ウイルスに対するもう一つの有力な対抗手段はワクチンです。インフルエンザはワクチンを打っておくことでかかりにくくすることが可能です。このワクチンは実は病原性を弱めたインフルエンザウイルスそのもので、同じように免疫作用を利用することで一度そのウイルスにかかると次はかかりにくくなるという性質を利用したものです。
また、多くのウイルスに対抗するもう一つの手段として、清潔にするということがあります。手を洗い、うがいをしたりして、そもそもウイルスを体内に入れないようにするのがそれにあたります。

やっかいなヘルペスウイルスところがヘルペスウイルスは以上に書いたような防御手段、対抗手段がなかなか通用しない、やっかいなウイルスなのです。まず、ワクチンが存在しません。一度かかれば二度とかからないような免疫機構がなかなか働かないようなタイプのウイルスなのです。しかもやっかいなことに、一度ヘルペスにかかってしまうと、症状がおさまっても実は体内にヘルペスウイルスが潜伏し続けているのです。つまり、手洗いやうがいにより体内に入れないという手段も通用しません。そして、何かの拍子に、例えば体力が低下したときなどに再度症状を引き起こすのです。

このような理由から、ヘルペスウイルスというのは非常にしつこいと感じられるわけです。