ヘルペスウイルスや原虫などによる性感染症とその一覧

性感染症になった男女性行為によって相手からなんらかの病原性の微生物などが感染することによって起きる病気のことを、総称として性感染症と呼んでいます。この性感染症をどのような存在が引き起こすのかについては、実にさまざまな種類がありますので、病院、診療所でしっかりとした検査を受けた上でなければ、なかなか判断がつかないこともあります。
これらの性感染症についてですが、厚生労働省や国立感染症研究所などのホームページなどに、一覧形式でくわしい説明がありますので、気になる場合は一覧をのぞいてみるのがよいといえます。

比較的多いものとして、性器ヘルペスとよばれる病気がありますが、これは単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスの仲間が、性行為の際に感染したことが原因となっています。症状としてはごく小さな水膨れが性器や周囲に無数に発生後、やがて潰れてしまって刺すような痛みをともなうことになります。
医薬品を投与すれば症状はおさまりますが、実はいったんかかってしまうと体内からウイルスが出て行くことはなく、体調が悪化すれば同じような症状が再発してしまうことがあるものです。ヘルペスが再発をした場合は、最初にかかったときよりも症状的には軽めだとはいわれていますが、やはり放置していては生活にも支障がありますので、同様な医薬品での治療を行います。

このようなウイルスというのはごく小さな存在ですが、ウイルスなどよりも比較的大きなサイズの原虫が原因となっている性感染症もあります。たとえば、トリコモナス感染症というのは、トリコモナスという原虫が性器に感染して発症するものですが、特に女性ではおりものが増えたりかゆみが出たりといった症状になやまされることになります。そこで、飲み薬もありますが、女性であれば座薬を使った方法で、この原虫を退治するということが行われます。