性病は疲れやすくなり血管にも悪影響が

女性は下着などで蒸れやすいので性器の周辺は痒みや出来物が出やすい場所です。きちんとお風呂に入って洗っていても、長く続くようなら性病にかかっている場合があります。性病は昔と違って現代の日本人はセックスがオープンになってきているため、感染してしまっている人が増えてきています。粘膜を介して感染することが多いので、異性と性交渉をすると感染する確率が高くなるのです。
調子が悪くなっている血管この病気は治療しないままでいると、体に様々な問題が起こるようになります。異常に疲れやすくなったり、菌が感染する範囲が広がって血管の働きが悪くなる恐れがあります。

性病と一口に言っても、病気の種類は色々とあります。かかる人が最も多いのはクラミジア、次に淋病、性器ヘルペスと続きます。クラミジアはおりものの量が倍増したり、お腹が痛くなるといった症状を伴います。お腹の痛みを生理痛の痛みと間違えて、長く放置しておいてしまう女性もいるので注意する必要があります。淋病も症状としてはクラミジアと似ているので、自覚にしくい病気でもあります。
性器ヘルペスはしつこい痒みや独特の出来物が症状にあるので、分かりやすいタイプの病気です。排尿時に痛みが出ることもあるので、当てはまるようなら性器ヘルペスである可能性が高くなります。

クラミジア・淋病・性器ヘルペスは、男女ともに共通するデメリットとして不妊症になるリスクが上がります。感染範囲が生殖機能まで進行してしまうと、働きが低下してしまうためです。
女性は特に子宮や卵巣が炎症を起こして妊娠しにくくなるので、早めに治療することが重要となります。感染したまま赤ちゃんを授かっても垂直感染で、胎児も感染してしまうようになります。病院で抗生物質を処方してもらい、感染源の菌を殺菌しましょう。