水泡が出来るヘルペスは残業など疲れが原因

ヘルペスには単純疱疹と帯状疱疹の2種類があります。どちらもヘルペスウィルスが原因なのです。このヘルペスウィルスは水ぼうそうのウィルスであり子供の頃にほとんどの人がかかっているものなのです。水ぼうそうは治ってもウィルスは体の中に残っていることになりますが、普段はその症状は現れないものなのです。単純疱疹は顔面や口の周りに現れてヒリヒリとした痛みとかゆみを伴い、やがて水泡が現れてきます。
帯状疱疹は胸や背中、お腹の周りや左右いずれかだけに赤い発疹が帯状にできて、はじめ刺すような痛みが現れて、ヒリヒリと痛むものなのです。その後水泡となり、水泡が潰れてかさぶたになって2週間から3週間で治るものなのです。

残業続きで疲れている社員ヘルペスは年齢によってその期間は長引く事があり60歳を超えているような場合は3ヶ月から数年続く事があります。ヘルペスウィルスは体の中にいるため、このような症状が現れる原因は体の抵抗力が低下するためです。日頃仕事をしているような人も残業が続いてしまい過労やストレスによって体の抵抗力が低下してしまうとこのような疱疹が現れるのです。
年末など残業が発生しやすい時期に発症者が増えるという傾向もあり、疲れがたまらないように心がける必要があります。

また年齢も関係あり20歳以降によく発症するものであり、これは子供の頃に接種したワクチンが徐々に弱まってしまうことも影響しています。年配になってから増える原因としては体力も弱くなって来るということと、水ぼうそうにかかっている子供に触れる機会が増えるためです。
出来るだけ疲れをためないようにすることと、皮膚に痛みや赤みが現れた場合は早めに皮膚科などで治療を行うことです。